2020年01月11日

ふなっしーと聖地巡礼  奥山半僧坊 方広寺

2020-01-06.jpg

お正月に以前よりずっと気になっていた
「奥山半僧坊 方広寺」というお寺へ初詣で行ってきました

IMG_1812.JPG

なぜ気になっていたかというと
何年も前、
まだふなっしーが ブレイクするかしないか位の時にここを訪れていたからです

私は当時からふなっしーが好きで
そのイベントにぜひ行きたかったのですが
その日はすでに用事が入っており 泣く泣く断念😢💔

しかも奥山半僧坊って なんか名前もかっこいい気がして。。。

それからずっと気になっていたので
今回 行ってみることにしました




奥山半僧坊 方広寺は 浜松駅から北へ車で20分位の所にあります

奥山半僧坊 というだけあって 山の奥にあります

大きな門があり その付近には 無料駐車場がありました

しかし その無料駐車場の看板はスルーして
案内のある 坂道を車で上っていくと そこには 係りのおじさんがいて 駐車料金500円を徴収していました。

やっぱり下って 無料の駐車場に車を停めようかとも考えましたが
ここが1番近い場所であり
下の無料駐車場からここまで来るのに 車でもちょっとした坂道を登ってきたことを考えると
これを足で上るのはキツいだろうと判断し
そのまま お寺に至近距離であろうその駐車場に車を停めました

行ったのは1月3日

元旦から3日までは入山料無料との事でした


2020-01-06.jpg

車を停めて お寺の方を見たら

なんと表現したらいいか。。。

荘厳な景色

山奥に 静かに 大きなお寺が

なにか別世界のように佇んでいました

下の無料駐車場に停めて自分の足で登ってくるのも 風情があると思いますが ここの駐車場から お寺を眺めるのもまた素晴らしいと思います

2020-01-06.jpg

では いざ お寺へ!!

駐車場からちょっと坂道を下って 赤い橋を通ると お寺の正面へ出ます

お寺は とても大きく シンプルで
どっしりとした存在感があります

拝観料を払って中へ入るべきか
外からお参りだけして帰るか 迷いましたが
せっかく駐車料金を払ってここまで来たのだから。。。という事で 中に入る事にしました

ホームページなどには書いてありませんでしたが
障がい者は手帳を提示すると 半額の250円になりました。
付き添いの料金割引はありませんでした。

靴を脱いでお寺の中へ入ると まずはTシャツやカレンダーなどのグッズが置いてあり

2020-01-06.jpg

先へ進むと書などの展示物がある部屋があり

更に進むと
2020-01-06.jpg

広い廊下から

本堂へと続きます

本堂はとても広く

天井も高く

静かで

圧倒されます

本堂の天井脇部分には 沢山のお坊さんの絵が書かれています

とても崇高な気持ちになりました

そして 更に奥に進むと 小さなお堂
そして 長い廊下を更に奥へ行くと
2020-01-06.jpg


真殿があり ご祈祷を頼んだ方々はここでご祈祷してもらいます

堂内を拝観しない方は 外からこちらの真殿にお参りをします
2020-01-06.jpg


ここでお守りやおみくじが買えますし
ふなっしー手書きの絵馬も飾ってありました😆💕
2020-01-06.jpg





お詣りを終えて 来た廊下を戻り順路に沿って 本堂の後ろを進むと 山側には沢山のお地蔵様が😊😊😊

更に進むと スリッパを履き替え 屋根のある外階段を登るよう順路が出ており 指示通り進むと 頂上にお堂があり そして眺望が広がります

とても 清々しく 崇高な気分になる 見応えのあるお寺でした。


そして 「ふなっしーが来たらそこはもう聖地や!!!」とも言いたくなる私なのでした(^.^)

私の文章能力では この良さがうまく伝えられなくて大変もどかしいですが 本当にいい所だと思うので
みなさんも ぜひ1度行かれて見てください

2020-01-06.jpg


ガチャガチャ■ふなっしーぬいぐるみマスコット 全4種フルコンプ■ガシャ/カプセルトイ■株式会社奇譚クラブ

価格:800円
(2020/1/13 01:55時点)
感想(0件)




【エントリーでポイント10倍!(1月お買い物マラソン限定)】【中古】ぬいぐるみ ふなっしー&にゃおっしー 仲良しぬいぐるみ 「ふなっしーのふなふなふな日和」

価格:2,070円
(2020/1/13 01:57時点)
感想(0件)




【中古】ぬいぐるみ ふなっしー Sサイズぬいぐるみなっしー 「ふなっしー」【タイムセール】

価格:320円
(2020/1/13 01:58時点)
感想(0件)


posted by ことぶきしーえる at 01:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください